た行

登録数 : 10

ダミー (だみー)

[舞][映]

代役のこと。ダンスの場合、実際に踊るダンサーのかわりにそのポジションで踊り、それを本人に教える。芝居の世界では「アンダースタディ(またはアンダー)」とも言う。

ダルマ (だるま)

[衣]

レオタードのこと。上下がひと続きになっているのでだるまのように見えることからこう呼ばれる。

(つら)

[舞]

舞台上の1番端のこと。主に「前っ面(まえっつら)」(1番前端)のことをさします。ダンス公演などで、「これ以上前に出ると照明などが当たらず、お客さんにとって見づらくなる」という位置を「踊り面(おどりつら)」と言う場合もあります。

てれこ (てれこ)

[技]

(歌舞伎脚本で、2つの異なる筋を1つの脚本にまとめ、交互に筋を進行させるという意味から転じて)1曲の中で振付を交互に踊ること。

出トチリ (でとちり)

[舞]

「出をとちる」こと。舞台で、出るべき場面やタイミングを間違えること。

出待ち (でまち)

[舞]

出番の終わった役者さんが帰っていくのをお見送りすること。

例えば、終演後、楽屋通用口(役者の出入口のこと。たいていは劇場ウラ)でずっと立ってるファンらしき人たちがいたら、それが「出待ち」の人です。

特効 (とっこう)

[舞][映]

「特殊効果」の略。ステージ上で雨を降らせたり、スモークを炊いて霧や煙などを表現したりする。

トラ (とら)

[舞][映]

代役のこと。語源は「エキストラ」。アンダースタディ、スタンドイン、ダミーと違い、本番もそのまま出演する。スケジュールの都合などで演者が仕事(本番)に参加できない時に代役を用意することを「トラを立てる」という。

取り (とり)

[舞][映]

元々の意味は、寄席で最後に出演する者。真打(しんうち=技量の最も優れた者)。転じて、最後に上映または上演される呼び物の映画や番組。またはそれを演ずる人を指します。

例:「紅白歌合戦でトリをとる」←1番最後に歌う人。

緞帳 (どんちょう)

[舞]

芝居や舞台で、終演時に上から降りてくる幕のこと。